Ads

Fedora9→Fedora10

今回は忙しくてリリース直後(2008/11/25)のアップグレードが出来なかった…。が、1日遅ればせながら手順メモ。

  • アップグレード前の注意点&気づいた点
    • 今回はPostgreSQLやMySQLのメジャーバージョンアップは無いし、apacheやphpなども対した変更が無いので僕の用途では特に注意は不要っぽい。
    • でも念のためDBのダンプだけは取っておいたけど。
  1. まずはいつもの通りリポジトリのPackageディレクトリからfedora-releasefedora-release-noteをダウンロードしてアップデートする。(x86_64の環境ではi386じゃなく、x86_64なディレクトリ以下のファイルを使いましょう)
    rpm -Uvh \
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/10/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-10-1.noarch.rpm \
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/10/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-notes-10.0.0-1.noarch.rpm
    1. 特に何事もなくインストール完了。
    2. この時点で一度 yum clean を実行しておきます。
      yum clean all
  2. いつものようにupgrade開始
    yum upgrade
    1. またいくつかエラーが出るんだろうな〜と思ってたらなんと今回の依存チェックでは何のエラーも無し!なんとこれまでのupgrade経験で初の出来事だ。
    2. というわけで y してupgrade開始。(もし依存エラーとかが出た人はこれまでのupgrade履歴でやってるように依存元パッケージを一時削除するなどの手順で頑張ってね)
    3. 4時間くらいかかったが何事もなく無事終了。
  3. 再起動して色々動作確認して完了。
  4. あっさり行き過ぎて逆に怖いw
  • こんにちは。今回初めてFedoraのyumによるupgradeに挑戦しました。上記の手順通りに実行したところ、yum upgradeで大量のエラーが…。よく見ると、*-debuginfo パッケージ群のdependencyが解決できないとかなんとか。そこで、yum remove *-debuginfo とやった後、再度 yum upgrade でうまくいきました。ご報告まで。 -- 一見の厨

Fedora8→Fedora9

スケジュールでは5月13日にリリース予定(3月頃見たときは4月28日になってた気がするんだが延期されてたようだ)。今回も予定通り13日の夜にはリリースされていたようだが、寝てしまったので翌朝更新…。

  • アップグレード前の注意点&気づいた点
    • PostgreSQLが8.2から8.3にメジャーバージョンが上がってるのでpg_dumpを忘れずに。
    • あと個人的に気になる点は、Postfixが2.4から2.5に、Perlが5.8から5.10になるくらいかな。PHPやMySQLやhttpd辺りは大差無し。
    • OpenJDK がついに登場してる!Javaを使う人は upgrade 後に yum install java-1.6.0-openjdk\* でサクッとJavaインストールが出来るようです。
  1. まずはいつもの通りリポジトリのPackageディレクトリからfedora-releasefedora-release-notesをダウンロードしてアップデートする。
    rpm -Uvh \
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/9/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-9-2.noarch.rpm \
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/9/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-notes-9.0.0-1.noarch.rpm
    1. これは大抵何事もなくインストール完了します。
    2. ところで、いつもi386ばかりやってたx86_64の環境ではx86_64の方からアップデートする必要がありますんで気をつけましょう(^^;
    3. この時点で一度 yum clean を実行しておきます。
      yum clean all
  2. いつものようにupgrade開始
    yum upgrade
    1. 案の定色々出てきてエラー
      Error: Missing Dependency: libtermcap.so.2 is needed by package nvi-m17n-nocanna
      Error: Missing Dependency: libtermcap.so.2 is needed by package ckermit
      Error: Missing Dependency: perl(:MODULE_COMPAT_5.8.6) is needed by package perl-XML-Encoding
      Error: Missing Dependency: libssl.so.6 is needed by package ckermit
      Error: Missing Dependency: libtermcap is needed by package compat-slang
      Error: Missing Dependency: libssl.so.6 is needed by package libc-client2006
      Error: Missing Dependency: libmikmod.so.2 is needed by package mikmod-devel
      Error: Missing Dependency: mikmod = 3.2.2-6.fc8 is needed by package mikmod-devel
      Error: Missing Dependency: libcrypto.so.6 is needed by package ckermit
      Error: Missing Dependency: libcrypto.so.6 is needed by package libc-client2006
      Error: Missing Dependency: libldap-2.3.so.0 is needed by package cups
      ぱっと見僕に必要なものは無いので全部削除してしまう。perlモジュールとかは気になるけど基本的に後でyum installで入れなおせばOKなはずなので気にしないことに。
      yum remove nvi-m17n-nocanna ckermit perl-XML-Encoding compat-slang libc-client2006 mikmod-devel cups
  3. 再度 upgrade を実行したら以下のようなエラーが出た
    Error: Missing Dependency: cups-libs = 1:1.3.7-1.fc9 is needed by package cups
    1. yum update cups-libsを実行してもアップデートは無いといわれてしまうので
    2. 既存の cups-libs のバージョンを確認してみると以下のようになっている(^^;
      # rpm -q cups-libs
      cups-libs-1.3.7-2.fc8
      Fedora9の方がバージョン古いじゃん…orz
    3. まぁ、しょうがないので rpm コマンドで 1.3.7-1.fc9 を直接入れることにする。(この際バージョンダウンになるので --oldpackage を付ける必要がある)
      # rpm -Uvh --oldpackage http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/9/Fedora/i386/os/Packages/cups-libs-1.3.7-1.fc9.i386.rpm
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/9/Fedora/i386/os/Packages/cups-libs-1.3.7-1.fc9.i386.rpm を取得中
      準備中...                ########################################### [100%]
        1:cups-libs              ########################################### [100%]
  4. 再度 upgrade を実行!
    yum upgrade
    1. 今度は大丈夫なようで以下の通りの表示が出て、y でインストール続行。
      Transaction Summary
      =============================================================================
      Install    108 Package(s)         
      Update    1502 Package(s)         
      Remove       3 Package(s)         
      
      Total download size: 1.3 G
      Is this ok [y/N]: 
    2. まだ全てのミラーに行き渡っていないのか何度か404エラーが出てパッケージダウンロードに失敗したが、yum upgrade を何度か繰り返したら、一応何事もなく全てのupgradeが完了した。
  5. 再起動して色々動作確認して完了。OKぽいです。

Fedora7→Fedora8

今回もスケジュール通り11月8日の夜中(JST)にリリースされたようだ。

今回のリリースでは PostgreSQL や MySQL や httpd や PHP や Perl などの影響の大きそうなソフトのメジャーバージョンアップは無いようなので無難なリリースになりそう。 僕が気になった範囲では Postfix が 2.3 から 2.4 になったくらいかな。

ところで 7 以降 FedoraCore から Fedora に名前が変わって以来、FC7 とか FC8 とかいう略した表記が出来なくて不便だなぁ…、と思う今日この頃。 F7 とか F8 だとファンクションキーみたいだし結局略さず Fedora8 と書くことになるんだよな(--;

  1. まずはいつもの通り fedora-releasefedora-release-notes をアップデートします。
    rpm -Uvh \
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/8/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-8-3.noarch.rpm \
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/8/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-notes-8.0.0-3.noarch.rpm
    1. 何事もなければ以下のように普通にアップデートされるはず。
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/8/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-8-3.noarch.rpm を取得中
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/8/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-notes-8.0.0-3.noarch.rpm を取得中
      準備中...                ########################################### [100%]
         1:fedora-release-notes   ########################################### [ 50%]
         2:fedora-release         ########################################### [100%]
  2. この時点で一度 yum clean を実行しておきます。
    yum clean all
  3. いつものように upgrade を実行
    yum upgrade
    1. DL前の依存チェック
      • おぉ?今回のupgradeは珍しくDL前の依存問題が出なかったぞ
        Transaction Summary
        =============================================================================
        Install     67 Package(s)         
        Update     871 Package(s)         
        Remove       2 Package(s)         
        
        Total download size: 737 M
        Is this ok [y/N]: y
      • 別のサーバでは1つだけ依存問題が出た。
        Error: Missing Dependency: selinux-policy = 2.6.4-43.fc7 is needed by package selinux-policy-strict
        でも selinux 使ってないので捨て(必要ならupgrade後にyum installで入れ直せばよい)
        yum remove selinux-policy-strict
      • もう一つ出た。
        Running rpm_check_debug
        ERROR with rpm_check_debug vs depsolve:
        Package cdrecord-devel needs cdrecord = 9:2.01-10, this is not available.
        cdrecord-devel なんて使わないので削除
        yum remove cdrecord-devel
    2. 引き続きダウンロード開始…(1時間くらいかかった)
    3. ダウンロード後のインストールも何事もなく終了(これも1時間くらいかかった)
  4. kernelとか上がってるので一度再起動
  5. 無事起動した。
  6. あとはrpm使わずにソースから入れてるプログラムが動かなる可能性があるので動作確認で異常があれば make && make install とかし直す。
  7. 色々問題なく動くことを確認して終了、今回は楽ちんでした(パチパチパチ

FC6→Fedora7

今回もスケジュール通り5月31日にFedora 7がリリースされた。

  • 与太話
    • Fedora は今まで Fedora Core という名前だったが、7 になって Core が取れて Fedora 7 という名前になったらしい。 なので 7 移行は FC7 じゃなくて Fedora7 と呼ぶべき。
    • ところで、その影響で Fedora 7 からリポジトリの場所が変更になったようで、今まではcoreディレクトリの下に 1,2,3,4,5,6 というディレクトリが並んでいたんだが、今回はreleasesディレクトリの下に 7 というディレクトリが出来ていた。今後は多分こっちでリリースしていくんだと思われる。*1
    • 与太話はこの辺で upgrade の手順は以下の通りです。
  1. まずはいつものように fedora-releasefedora-release-notes をアップデート
    rpm -Uvh \
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/7/Fedora/i386/os/Fedora/fedora-release-7-3.noarch.rpm \
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/7/Fedora/i386/os/Fedora/fedora-release-notes-7.0.0-1.noarch.rpm
    • 何もいじってなければ以下のように普通にアップデートが完了する。
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/7/Fedora/i386/os/Fedora/fedora-release-7-3.noarch.rpm を取得中
      http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/7/Fedora/i386/os/Fedora/fedora-release-notes-7.0.0-1.noarch.rpm を取得中
      準備中...                ########################################### [100%]
         1:fedora-release-notes   ########################################### [ 50%]
         2:fedora-release         ########################################### [100%]
  2. rpm と yum を先にアップデート
    yum update rpm\* yum\*
  3. そしていつものように upgrade を実行
    yum clean all
    yum upgrade
    1. 以下のような依存エラーが出た
      Error: Missing Dependency: python-optik is needed by package up2date
      Error: Missing Dependency: libedataserver-1.2.so.7 is needed by package pidgin
      Error: Missing Dependency: python-abi = 2.4 is needed by package 4Suite
      Error: Missing Dependency: python(abi) = 2.4 is needed by package up2date
      Error: Missing Dependency: python(abi) = 2.4 is needed by package rhnlib
      Error: Missing Dependency: python(abi) = 2.4 is needed by package 4Suite
      1. 原因になってるパッケージはどれも僕には不要なので削除する(必要な場合は upgrde 後に yum install で簡単に入れ直せる筈)
        yum remove up2date pidgin 4Suite rhnlib
    2. 再度 upgrade 実行するもまた依存エラー
      Error: Missing Dependency: firefox = 2.0.0.3 is needed by package gnome-python2-gtkmozembed
      1. 要らないので削除
        yum remove gnome-python2-gtkmozembed
    3. パッケージのダウンロード無事終了
    4. トランザクションテストでエラー
      Transaction Check Error:
        file /usr/share/terminfo/k/kon from install of ncurses-5.6-6.20070303.fc7 conflicts with file from package kon2-0.3.9b-26.2
      1. kon2 も別に要らないので削除
        yum remove kon2
    5. やっと upgrade 完了。
    6. ここまでの所要時間は3時間半くらい。
  4. このまま再起動無しでも大体のサービスは問題なく動く筈だが、再起動しないと反映されないもの(例えばkernelなど)も色々更新されているのでスッキリ再起動する。
  5. あとはlibcとかも上がっているのでソースからコンパイルしたモノは再コンパイルが必要なことが多いのでチェック。
  • メモ
    • PostgreSQL のメジャーバージョンが 8.1 から 8.2 に上がっているので pg_dump を取っておくのを忘れないこと。

ATAのHDDがhdaじゃなくなるので気をつけろ!

Fedora7 の kernel では IDE デバイスがもはや /dev/hd* ではアクセス出来なくなっており、今後は SCSI と同じように /dev/sd* という名前になります*2

なので今まで fstab や grub.conf に root=/dev/hda1 などと記述されてて動いていたシステムの場合、そのままの設定で新たに入った fc7 カーネルで再起動しようとすると kernel panic になってしまい起動できなくなってしまいます。ただ安心なことに fc7 に upgrade されても、先程まで使っていた fc6 カーネルは残っている筈なので grub の起動画面でそちらを選択すれば今まで通りに起動できるはずです。

実際僕もこれにハマって、暫くは fc6 カーネルで運用していました。 このまま fc6 カーネルを使い続けるわけには行かないので、設定を変えて新しいカーネルで起動できるようにします。

手順はこちら

FC5→FC6

予定では 24 14:00GMT (23:00JST) にリリースということだったが、日本時間で2006年10月24日22:30頃にリポジトリに 6 ディレクトリが登場!
(Fedoraのサイトではまだリリースとは言ってない、しミラーにも 6 のディレクトリはまだ無いところが多いようだな。)

というわけで早速 FC6 へのアップグレードメモ開始(ぉ

  1. まずはいつものように fedora-release をアップデート
    rpm -Uvh fedora-release-6-4.noarch.rpm
    1. すると今まではこれでOKだったのに以下のような依存エラーのメッセージが…
      エラー: 依存性の欠如:
              fedora-release-notes >= 6 は fedora-release-6-4.noarch に必要とされています
      リポジトリを見てみると fedora-release-notes っていう rpm があるじゃないか、どうやら FC6 からはこれが必要になったようだ。
    2. というわけでさくっと一緒にインストール&アップデート
      rpm -Uvh fedora-release-notes-6-3.noarch.rpm fedora-release-6-4.noarch.rpm
  2. rpm と yum を先にアップデート
    yum update rpm\* yum\*
  3. upgrade 実行(念の為、clean も実行)
    yum clean all
    yum upgrade
    1. そしてやっぱり依存エラーがいくつか出た
      Error: Missing Dependency: mozilla = 37:1.7.13-1.1.fc5 is needed by package mozilla-js-debugger
      Error: Missing Dependency: freetype = 2.1.10-5.2.1 is needed by package freetype-utils
      Error: Missing Dependency: libttf.so.2 is needed by package VFlib2-xtools
      Error: Missing Dependency: libdbus-1.so.2 is needed by package bind
      Error: Missing Dependency: libttf.so.2 is needed by package freetype-utils
      Error: Missing Dependency: libttf.so.2 is needed by package VFlib2
      Error: Missing Dependency: mozilla = 37:1.7.13-1.1.fc5 is needed by package mozilla-mail
      Error: Missing Dependency: libdbus-1.so.2 is needed by package bind-sdb
      Error: Missing Dependency: mozilla = 37:1.7.13-1.1.fc5 is needed by package mozilla-dom-inspector
      Error: Missing Dependency: mozilla = 37:1.7.13-1.1.fc5 is needed by package mozilla-chat
      Error: Missing Dependency: libttf.so.2 is needed by package bg5ps
    2. 見たところ依存元のパッケージはどれも僕には不要なので一時削除してしまうことにした
      yum remove mozilla-js-debugger freetype-utils VFlib2-xtools bind VFlib2 \
                 mozilla-mail bind-sdb mozilla-dom-inspector mozilla-chat bg5ps
    3. 改めて upgrade 開始
      yum upgrade
      今度は依存も解決して y/N の確認まで行けた。順調にダウンロードが進み中。
    4. アップグレード途中の selinux ポリシーの update の際にエラーメッセージかと思われるような表示がズラーっと流れるが、セキュリティコンテキストを変更する際に出るメッセージなので気にしなくてよい。(前回は初めて見たのでビビったが(^^;
  4. 順調にダウンロード→アップグレードが終了

パッケージの自動更新機能がyumから無くなってるので気をつけろ!

  • 今までは chkconfig yum on がしてあれば /etc/cron.daily/yum.cron で毎日自動的にパッケージが yum update されたが、
  • FC6からは自動更新機能がyumから無くなっているようだ。
  • 代わりに yum-updatesd というパッケージが新たに core に出来ているので今後はこれを使うべきかもしれない。
    (使い方は:./yum-updatesd検証を参照)
  • 今後また自動更新のやり方が変わったりするのを危惧する場合は root の cron に以下を設定する(今回無くなったyumの自動更新機能のcronとほぼ同じことをマニュアル設定しただけ)というのもアリだと思う。
    5 5 * * * /usr/bin/yum -R120 -y update yum >/dev/null 2>/dev/null

これに気づかずに自動アップデートされ続けてると信じている人は少なくない気もする。 自動アップデートが効かずに古いバージョンで放置されて、近い将来セキュリティホールを突かれて以下略…、みたいな事態が多く起きないことを願う。

FC4→FC5

  1. fedora-release-5.5.noarch.rpm を適当なミラーからダウンロード
  2. fedora-release をアップデート
    rpm -Uvh fedora-release-5-5.noarch.rpm
  3. rpm と yum を先にアップデート
    yum update rpm\* yum\*
  4. upgrade 実行(念の為、clean も実行)
    yum clean all
    yum upgrade
  5. うーむ、まだ出たばっかだから mirror に行き渡ってないようで何度やり直しても途中で 404 とか出まくり。
    1. 本家サイトには悪いがとりあえず mirror を使うのをやめて本家サイトから落とすよう以下の設定変更をしてみる。
    2. /etc/yum.repos.d/*.repo ファイル中の mirrorlist= って部分をコメントアウトして、逆にコメントアウトされている #baseurl= という行のコメントを外す。
    3. で、再度 upgrade。これで問題なく進むようになる。
  6. 案の定、なんか依存問題でた。とりあえず張り付けメモ。そして飯。
    Error: Missing Dependency: libiiimp.so.1 is needed by package iiimf-qt
    Error: Missing Dependency: /usr/bin/iiimf-le-tools is needed by package iiimf-le-sun-thai
    Error: Missing Dependency: hpoj = 0.91-13 is needed by package hpoj-devel
    Error: Missing Dependency: libcrypto.so.5 is needed by package squid
    Error: Missing Dependency: libcrypto.so.5 is needed by package perl-RPM2
    Error: Missing Dependency: libdevmapper.so.1.01 is needed by package lvm2-cluster
    Error: Missing Dependency: iiimf-server is needed by package iiimf-le-sun-thai
    Error: Missing Dependency: libiiimcf.so.3 is needed by package iiimf-qt
    Error: Missing Dependency: libdevmapper.so.1.01(Base) is needed by package lvm2-cluster
    Error: Missing Dependency: libgulm.so.1.0 is needed by package lvm2-cluster
    Error: Missing Dependency: libssl.so.5 is needed by package squid
    Error: Missing Dependency: libssl.so.5 is needed by package perl-RPM2
    1. 別に使ってない要らないものばかりのようなのでみんな削除してしまえ
      yum remove iiimf-qt iiimf-le-sun-thai hpoj-devel squid perl-RPM2 lvm2-cluster
      ちなみに upgrade が無事終わった後に削除したものを yum で簡単に入れなおせるので、これが一番手間がかからない方法だと思う。 後で実行するコマンドは例えばこんな感じね↓
      # 一度削除したものを入れなしたければこんな感じ。
      #yum install iiimf-qt iiimf-le-sun-thai hpoj-devel squid perl-RPM2 lvm2-cluster
  7. 再度 upgrade を実行したら今度は、古い kernel が邪魔だと怒られた。
    Error: Unable to satisfy dependencies
    Error: Package initscripts needs kernel < 2.6.12, this is not available.
    Error: Package kudzu needs kernel < 2.6.13, this is not available.
    1. 現在インストールされてる kernel と起動中の kernel を確認。
      # rpm -q kernel|sort
      kernel-2.6.11-1.1369_FC4
      kernel-2.6.13-1.1526_FC4
      kernel-2.6.13-1.1532_FC4
      kernel-2.6.14-1.1637_FC4
      kernel-2.6.14-1.1644_FC4
      kernel-2.6.14-1.1653_FC4
      kernel-2.6.14-1.1656_FC4
      kernel-2.6.15-1.1830_FC4
      kernel-2.6.15-1.1831_FC4
      kernel-2.6.15-1.1833_FC4
      # uname -r
      2.6.15-1.1830_FC4
    2. とりあえず、怒られてた 2.6.13 未満あたりの古いのを削除
      yum remove kernel-2.6.11-1.1369_FC4
      ※基本的には /etc/grub.conf の default(通常は一番上に書いてあるカーネル)以外は削除してしまって問題ない筈。 但し update した後に再起動していないと grub の default と現在起動中のカーネルのバージョン(uname -r で確認)が異なる場合もあるので、 その場合は現在動作中のカーネルを消すのは危険な気がするのでそれは再起動後にしたほうが良いと思う。
  8. 再々 upgrade 実行。今度は依存問題解決して無事 upgrade が始まった。時間かかりそうなので飯の続き。
    yum upgrade
    1. upgrade 開始してから1時間経つのにまだパッケージ数で1/4くらいしかダウンロード出来てないのか。この調子だと upgrade 完了は朝になるな…。
    2. upgrade 開始してから4時間、ダウンロードは終わってUpdate/Installが始まっている。現在 500/3201 だ。寝よう…。
    3. 数字が進んでいくと途中から突然これまでの順調な様子とは打って変わってエラーメッセージのようなものが大量に出力し始める。
      /sbin/restorecon reset /bin/dbus-daemon context system_u:object_r:bin_t->system_u:object_r:system_dbusd_exec_t
      /sbin/restorecon reset /bin/ksh context system_u:object_r:bin_t->system_u:object_r:shell_exec_t
      file_contexts:  invalid context system_u:object_r:traceroute_exec_t
      matchpathcon(/bin/tracepath) failed Invalid argument
      file_contexts:  invalid context system_u:object_r:traceroute_exec_t
      :
      これがものすごい量だ、数10分にわたって4000行近くのメッセージが表示される。一瞬 upgrade 失敗か?と思ったがメッセージの内容、更にコンソールログを遡ってみると、
      Installing: selinux-policy-targeted      ################### [1428/3201]
      ↑この後の行から突然このメッセージが始まることから、selinux 関連の設定を大量に行っているだけで問題が起こったわけではないようだ。
    4. 相当暫くメッセージを眺めていたら突然元のパッケージインストールのログが再開した。やはり upgrade は正常に進んでいたようだ。しかし心臓に悪いなこれは(^^;;
      Updating  : system-config-nfs            ################### [1429/3201] 
      Updating  : yp-tools                     ################### [1430/3201] 
      :
  9. Complet! という表示が出て upgrade が無事完了。
  10. では、再起動してみますか。
  11. 再起動も無事完了。各種サービスも特に問題なく動いてる模様。
  12. 自分でソースから入れたプログラムがやはり動いていないものがあるので、各ソースディレクトリで make しなおしておく。
    make clean && make && make install
  13. FC5のカーネルで正常動作が確認できたら古いカーネルはもう要らないので削除
    yum remove kernel*FC4
    これでほぼ作業終了かな。今回も大した問題なく upgrade が完了したな。
感想
今回はやっぱし、selinux 関連のアップデートがびびった(^^; 他はいつも通りで大したことなかった。 -- KaWaZ

FC3→FC4

  1. fedora-release-4-2.noarch.rpm を適当なミラーサーバから探してダウンロードしておく。
  2. 以下のようにして fedora-release をアップデート
    rpm -Uvh fedora-release-4-2.noarch.rpm
  3. rpm と yum を先にアップデート
    yum update rpm\* yum\*
  4. yum で upgrade(念のため clean もしておく)
    yum clean all
    yum upgrade
    1. 以下のような依存のエラーが発生…
      Error: Missing Dependency: libpq.so.3 is needed by package gda-postgres
      Error: Missing Dependency: apel-xemacs >= 10.5 is needed by package wl-xemacs
      Error: Missing Dependency: kernel-utils is needed by package kernel
      Error: Missing Dependency: libpython2.3.so.1.0 is needed by package koffice
      Error: Missing Dependency: python = 2.3.4-13.1 is needed by package python-docs
      Error: Missing Dependency: libgtkhtml-3.1.so.11 is needed by package balsa
      Error: Missing Dependency: java-1.4.2-gcj-compat = 0:1.4.2.0-11jpp is needed by package java-1.4.2-gcj-compat-devel
    2. kernel 以外は要らないので削除
      yum remove gda-postgres wl-xemacs koffice python-docs balsa java-1.4.2-gcj-compat-devel
    3. kernel だけ先に update する
      yum update kernel
    4. 新しいカーネルは kernel-utils に依存しなくなってるようなので、古いカーネルを依存解決の為に削除してしまう。
      1. まず今動作しているカーネルを確認
        # uname -r
        2.6.10-1.770_FC3
        今は kernel-2.6.10-1.770_FC3 を使っていることが分かった。
      2. 次に今インストールされているカーネルを確認
        # rpm -q kernel
        kernel-2.6.10-1.770_FC3
        kernel-2.6.11-1.27_FC3
        kernel-2.6.11-1.35_FC3
        kernel-2.6.11-1.1369_FC4
        今動いているカーネルの他に、先ほど入れた FC4 のカーネルがあることが確認できる。
      3. さて、FC3 のカーネルは kernel-utils に依存していて邪魔なので削除(今現在動いてるカーネルまでバッサリ削除!)
        yum remove kernel-2.6.10-1.770_FC3 kernel-2.6.11-1.27_FC3 kernel-2.6.11-1.35_FC3
      4. 邪魔者は消えた。
        念のためちゃんと FC4 のカーネルで起動するようになっているか /etc/grub.conf を確認しておこう。
        →パッと見だが問題なさそう。
  5. 改めて upgrade
    yum upgrade
    おぉ、無事依存の問題はなくなって、1581 個のパッケージがアップデート対象って表示された。
  6. 後はひたすら放置プレイ
  7. upgrade 完了
  8. ドキドキの再起動
  9. 起動確認。大体動いてる。
    1. ソースで入れてた proftpd が libpq.so.3 が無いって起こられて起動できなくなってたのでソースディレクトリで以下を実行。
      make clean && make && make install
      復活。
感想
カーネルを削除したときと再起動したときが凄くドキドキだった。 -- KaWaZ 2005-06-24 (金) 18:52:34

FC2→FC3

  1. fedora-release-3-8.i386.rpm を適当なミラーサーバから探してダウンロードしておく。
  2. 以下のようにして fedora-release をアップデート
    rpm -Uvh fedora-release-3-8.i386.rpm
  3. rpm と yum を先にアップデート
    yum update rpm\* yum\*
  4. yum で upgrade(念のため clean もしておく)
    yum clean all
    yum update
  5. ひたすら放置プレイ
  6. 特に依存の問題も起きず upgrade 完了
  7. ドキドキの再起動
感想
  • Fedora Core のアップグレード、随分あっさり出来てしまって拍子抜け。

*1 このせいでFedora7のリリースに気がつくのが送れてしまった(^^;
*2 関連:IDEハードディスクが「/dev/hda」ではなくなる日

添付ファイル: filefc6-maintenance.png 1153件 [詳細] filefc4-fc5_upgrade_log.txt 1224件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-22 (木) 18:39:13 (2880d)