GNU Screen

Ads

使い方

  1. 起動
    screen
  2. 作業する
    • ウィンドウをもう一つ開きたくなったら ^a^c で新しいウィンドウとシェルを起動
  3. 作業を途中のままやめたくなったら ^a^d でデタッチ
  4. 作業を再開したくなったら
    screen -r
  5. screen 中の全てのウィンドウを exit すると screen 自体も終了。

.screenrc

prefixキー

デフォルトだと Crt+A なので、これは shell でも頻繁に使うので困る。 以下を追加すると Ctr+Z が screen の prefix キーになる。

escape ^z^z

みんな何に割り当ててるもんなんだろうな。

あと、共用のアカウントとかで好き勝手に .screenrc が置けないときなどは起動オプションでも変えられるので覚えておくと良い。

screen -e^z^z

スクロールバッファサイズ(行数)

コンソールに流れた文字の履歴を何行までバッファに保存しておくかを設定する。 デフォルトだととても少ないらしくバッファをスクロールしてもあまり古いところまで 遡れない。 こいつを以下のように大きく設定してやることで結構戻れるようになる。

scrollback 4000

Ctr+矢印でスクリーン切り替え

以下を書いておくと良いらしいです。

#aterm bindings
bindkey "^[[c" next
bindkey "^[[d" prev
bindkey "^[Oc" next
bindkey "^[Od" prev
#putty bindings
bindkey "^[OC" next
bindkey "^[OD" prev
#some other term, don't remember which
bindkey "^[[5C" next
bindkey "^[[5D" prev
termcapinfo xterm "ks=\E[?1l\E:ku=\E[A:kd=\E[B:kl=\E[D:kr=\E[C:kh=\E[5~:kH=\E[F"

参考

よく使うキーバインド

基本^dデタッチ
^c新しいウィンドウとシェルを生成
spacescreen を順番に切り替える
nn番のscreenに切り替える
wscreenタイトルの一覧を表示
コピー&ペースト[
ESC
コピーモード開始
カーソルキースクリーンのバッファ中をカーソル移動(コピーモード中)
Space
Enter
選択開始&選択終了(コピーモード中)
]コピーされた文字をカーソル位置に挿入する
画面分割Sウインドウ分割
Qウインドウ分割の解除
TAB分割された他のウインドウへのカーソル移動
その他xパスワードロック

リンク

コメント

  • うちは ^Tt してますにゃ. 同じ文字2文字だと, エスケープ文字そのものの入力できなくない? -- 氷魚? 2003-08-07 (木) 23:34:03
  • C-Z を2回でC-Zそのものの入力になるよ -- KaWaZ 2003-08-08 (金) 00:13:50
  • 2回押すと直前に使ってたバッファとトグルしない? -- 氷魚? 2003-08-08 (金) 18:19:56
  • しないなぁ…、あれデフォなのかな? -- KaWaZ 2003-08-13 (水) 13:53:09

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-21 (月) 02:44:31 (1987d)