#contents


*Velocity とは?
Java のテンプレートエンジンです。

主にJavaのプログラムとHTMLの画面を別々に実装、管理するために使用されます。それらを分割することで各々の可読性、メンテナンス性が向上します。
主にJavaのプログラムとHTMLの画面を別々に実装するために使用されます。それらを分割することで各々の可読性、メンテナンス性が向上します。

**VelocityEngineのプロパティ

***マクロ関連
|プロパティ|デフォルト値|説明|コメント|よく変える設定|h
|velocimacro.library|VM_global_library.vm|全テンプレートから利用されるマクロを定義するマクロライブラリを設定します。ファイル名はカンマ区切りで複数設定できます。|マクロライブラリが必要無い場合は空に設定しておくことで初期化時にマクロライブラリが見つからない旨のエラーメッセージを回避することが出来ます。||
|velocimacro.library.autoreload|false||||
|velocimacro.permissions.allow.inline|true||||
|velocimacro.permissions.allow.inline.to.replace.global|false||||
|velocimacro.permissions.allow.inline.local.scope|false||||
|velocimacro.context.localscope|false|コンテキストへの #set での修正を Velocimacro 内のローカルとみなすかどうか。|デフォルトの false のまま、ローカル変数のつもりでマクロ内で #set するとマクロの外に影響してしまうので気をつける必要がある。||



*エスケープに関する処理
-http://www.wikiroom.com/khi/?EscapeHtmlSpecialCharactersInVelocity
--toolbox でエスケープ関数を用意する方法と、
--デフォでエスケープが行われるようにする方法もある。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS